結婚資金が不足の時は銀行から借り入れ

 

結婚資金 借入

結婚式費用ってこんなに掛かるのか?結婚資金が不足だ!でも結婚式はあげたいが、結婚資金のお金は不足していてとっても不安な方はいませんか?

 

 

結婚は人生の一大イベントですよ。
しかし、結構なお金がかかる事も事実なのです。

 

 

結婚式費用、披露宴費用、新婚旅行費用などなど、すべてを合わせて平均的な結婚資金は400万円近いお金がかかるようです。

 

 

その為には、「お金が足りているかをチェック・・・」ということも考えなければいけません。

 

 

もし、結婚式費用が足りない結婚資金が不足といった時には銀行などが発売しているブライダルローンなどもありますが、審査的にかなり厳しい条件となっていることが多いのです。

 

 

 

例えば銀行系でブライダルローンを組もうとする状況では、融資を行う人のお金状況について普通よりも厳しめの審査が行なわれることが多くなっています。年収○○万円以上、勤続年数○年以上など。。ブライダルローンの審査が通過しないというのも時々聞きますね。

 

ですから銀行系ブライダルローンも良いですが、多少足りない時などは一般的にカードローンといわれる、使途自由で使えれるカードローンが重宝すると思います。限度額内なら繰り返し使えますので、結婚式費用、披露宴費用、新婚旅行費用など結婚資金の借入以外にも必要になったときも使えますから。

 

 

更に銀行系ブライダルローンの場合では審査に時間がとられることが大半ですが、カードローンの場合審査はその日の内に分かることが多いですので、すぐに利用することができるので急ぎで結婚資金が必要な場合も大丈夫ですから。

 

 

銀行系ブライダルローンに対してカードローンの方が金利が高いと考えられているかもしれませんが、今のカードローンは随分金利も低く抑えられていますからね。

 

 

これより下に銀行系ブライダルローンに代わって使い勝手の良い、金利が低くて一押しのカードローンを紹介しておきますね(^◇^)

 

 

カードローン 

 

結婚資金の借入ならオリックス銀行カードローン

銀行ですと三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行・ローソン・Enetの提携ATMが利用できますし、コンビニ提携ATMなども利用できるので、全国に利用できる提携ATMは95,000台以上あるので利便性にも優れていますよ。

 

業界最低水準の金利のカードローンは金利が年1.7%〜17.8%と低金利に設定されています。

 

しかも、最高融資額が800万円なのでこれからの結婚資金シーン借入に活躍してくれるでしょう。

 

 

来店不要で、インターネットからお申込み可能!ですよ。

 

≫カードローン詳細はこちら

 

モビット 安心のモビットです!

 

結婚資金の借入ならモビット

ネットで全てが完結するWEB完結申し込みと10秒簡易審査が人気です。

 

※三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
※社会保険証もしくは組合保険証を持っている

 

方であれば、モビットはおすすめです。

 

信頼おけるネットバンクで、金利が3.0%〜18.0% 最高限度額も1〜800万円あるところからこちらも結婚資金シーン借入に役立つはずです。

 

銀行・コンビニ等全国でご利用可能☆もちろん入会金・年会費無料☆です。

 

≫モビットの詳細はこちら

 

プロミス 急ぎの方、短期の借り入れなら!

 

プロミスは消費者金融というイメージが強いので、結婚式費用の代わりに使うローンとしては、ちょっと利用しづらいという人もいるかもしれませんが、プロミスはメリットが多いですので状況によっては利用した方がかなりお得になる可能性が高いです。

 

まず、審査が非常にスピーディですので、最短で即日融資・振り込みも可能ですので急いでいる人はプロミスがいいです。土日・祝日でも借り入れする事ができますからね。

 

また、30日間無利息で利用できるローン会社ですので、短期間だけ借りたいという場合にも適しています。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ですので、急いで結婚式費用や旅行のお金が必要な場合や、短期間だけ借入したいという場合にはプロミスを利用すると無駄がなくお得ですよ。

 

≫プロミスの詳細はこちら

 

手数料なしで一括返済できるメリットも

 

結婚式費用って一般的には事前払いのことがよくあります。支払いは後日ですと、お祝い金などが入った後にその部分から結婚式費用を返済すれば問題ないですが、事前払いですとそういったことは不可能です。

 

事前払いで支払うためにお金を持っていない場合には借り入れしざるを得ないですね。

 

この時にお祝い金が入れば一括返済できるケースもあると思いますし、一部繰り上げ返済するケースだってあり得ます。

 

ブライダルローンの場合では、この一括返済や一部繰り上げ返済といった際に手数料が必要になってくることが殆どです。この手数料の費用が案外高かったりするんですよね。

 

でも、上記で案内しているカードローンの際は、一括返済や一部繰り上げ返済はいつでもできて手数料が取られるという必要はないです。

 

こういったことを考えればブライダルローンよりカードローンの方が良いといったことが感じられますよね。金利も住信SBIネット銀行やみずほ銀行ですとブライダルローンよりも低金利だったりしますからね。

 

 

借り入れローンを利用

 

先日結婚した方からです。ちょっと利用しました。自分自身で結婚から新婚旅行まで、どうにかしないといけない状態だったのですが、どうしても少し足りなかったのです。。

 

 

足りないからと言ってケチるところではないと思ったのです。一生に一度のことなので彼女のためにできるだけのことはしたかったですし、なにより想い出ってお金じゃ買えないものだと思ったからです。

 

 

借入するといっても計画を立てて借りれば大丈夫ですし、コツコツ返済をすれば大丈夫なので、あなたも計画を立てた上で借入して大切な思い出を作ってはいかがでしょうか。

 

 

人生で最高に美しい一日なのですから派手にいっちゃいましょうよ!!

 

 

そういう訳でブライダルローンっていうことが思い付いていろいろ検索したんですが、ブライダルローンに関しては結婚に絶対必要なお金を借り入れる目的ローンと称されるものといったことがわかったのです。

 

 

目的が明確になっているわけなので、その結婚式費用に使った事を証明しなければいけないわけですから、審査的なものが本当に手間でしたね。結婚式の用意であわただしいのに…。

 

 

こういったことをあれこれ考えているとブライダルローンって良くない事が多いかなって思いましたね。金利が低いのはかなりのメリットだとは考えていますが…。

 

 

・結婚式費用に使うという目的が決められている事もあって、審査が非常に厳しいし、手続きが面倒くさい。

 

・申し込みして審査が通過したと見なされても、実際に融資を受けるまでに時間が掛かる。だから、必要な時に間に合わない事が有りえる。

 

 

そういうわけで、僕においてはカードローンの方が良いかなって考えてカードローンを利用して借り入れることを決めたのです。カードローンはブライダルローンと比べて金利はちょっとだけ高いと思いますが、あれこれと利点が多いです。

 

 

金利がちょっと高いと言いますがカードローンの方が低かったりもするんですけどね。。

 

 

・目的が決まっていないから、限度額内なら何度も何度も使用できて、新婚旅行費用やお土産品、交通費など何やかやと審査を受けなくても利用することができる。

 

・審査スピードも速く、融資に向けての時間がとても速いので、急きょ必要となった時でも間に合う。

 

 

今の様なメリットとデメリットを様々考えてみたけど、ブライダルローンよりカードローンの方が良いかなって考えて、カードローンを活用して結婚式費用をねん出することを決めたのです。

 

 

実際に新婚旅行先での買い物などにも使う事ができたので、カードローンにしておいて良かったなとしみじみ感じます。今はその時払ったカードローンを返済中です。

 

 

よくある質問
お金が無い状態でも結婚式を挙げた方がいいですか??

これに関しては人それぞれに従って全く違うだと思うね。

 

これから先の日々の生活のことを考えれば、お金を持っていない状況で借金をして結婚式を挙げることはちょっと止めておくべきと言われる人もいるかと思いますし、基本として人生1回きりのわけなので、お金を持っていないという理由で結婚式・披露宴を行なわないのは嫌だという人もいる事でしょう。

 

ですから何とも言えませんが、自分自身の心の奥底に僅かでも式を挙げたいと望まれているとすれば、お金を借り入れてでもあげていた方がいいかもしれないと思います。

 

結婚式に必要な料金もピンキリですから、安く済まそうと思えば済ます事が出来ますからね。

 

海外とかに新婚旅行も兼ねて、二人きりで式を挙げるという感じもある意味やすく付いたりしますよね。

 

 

貯金はすべて使って、借り入れする金額は減らした方がいいですか??

こちらの方も各人の考え方による部分もあると思いますが、いくらかの貯金はキープされていた方が良いと思います。

 

借り入れする金額は少しの方が良いとは思いますが、全然貯金がないといった辺りも不安でしょうし何らかに必要なことも考えられますから。

 

ですから、自分の考えでこれだけは手をつけないでおきたいと思っている金額は貯金して、残りの金額を支払い借入額を減少することが良いかなと思います。

 

 

急いで結婚費用を支払わないといけないのですが??

結婚式費用の支払いを急がないといけないという時には、早急にお金を借入れできる金融機関から借りなければいけません。

 

ブライダルローンや銀行カードローンだと、やっぱり時間が掛かってしまうことが多いですので、このような時はモビットやプロミスを活用するのがおすすめです。

 

モビットやプロミスは非常にスピーディな対応ですからその日の内に借入する事も可能となっています。土日や祝日、銀行営業時間外になった場合でも、ネット申し込み後に自動契約機に行きますとその日のうちにローンカードを発行してもらえて借入する事ができるからね。

 

 

結婚にかかる費用専用のブライダルローンをピックアップ

 

結婚にかかる費用専用で借入れできるブライダルローンよりもカードローンの方がおすすめという事は、上記でも話した通りなのですが、ブライダルローンにどういったものがあるのかについて一部ピックアップしておきたいと思います。

 

銀行のブライダルローンだけに限らず信販会社系のブライダルローンと沢山ありますよ。あくまでもこれは一部になります。

 

ローン会社名 金利 融資額 詳細ページ
楽天銀行 7.0% 300万円 ≫詳細ページ
常陽銀行 4.675% 300万円 ≫詳細ページ
プレシャンテ 6.5% 500万円 ≫詳細ページ
オリックスクレジット ブライダルローン 6.0%〜10.0% 500万円 ≫詳細ページ
千葉銀行 5.0%〜5.2% 500万円 ≫詳細ページ

 

 

こういったようにブライダルローンの特徴として上限金利が低いということはありますね。○○%〜△△%というところの△△の部分の金利です。

 

 

なぜこの様に幅があるかと言いますと、審査によって決まった融資枠につれて金利が変化してくるからです。

 

 

融資枠が大きければ大きいほど○○の所の下限金利が適応され、融資枠が小さければ小さいほど△△の部分の上限金利が適用される訳なのであります。

 

 

上限金利はカードローンの比べて低いですが、下限金利となるとカードローンの方が低い場合も結構ありますよね。カードローンならば下限金利は1.7%ですから。

 

 

従いまして、目的ローンであるブライダルローンの大きなメリットである低金利という事も、今のカードローンも低金利なのであまり多き寝メリットとは言えなくなりましたね。

 

 

それに加えて、ブライダルに関することにしか使うことができませんので、それを証明するために何やかやと書類も必要ですし、審査も通りにくいと言われている状況からも、やっぱりカードローンの利用が一番ではないかと思います。

 

 

結婚資金の借入ならオリックス銀行カードローン